一番人気

消費者金融が支持された理由

昭和三十年代、高度経済成長にともに国民の生活様式は向上し、それに伴い消費者金融の需要も増加していきました。1980年代までには消費者金融の数は約二万件以上にものぼり、店舗数は三万件、貸出残高は実に4200億円に達するまでに成長していきました。

キャッシング

また、この時代になると国内の銀行からの融資が比較的容易となり、顧客ベースも拡大したことから、店舗数も増加していったのです。当時の利用者は、男性が八割以上を占め、特に30代を中心とした比較的若年層が多いことが特徴です。主な利用目的は、冠婚葬祭の費用や旅行、交際費などで、現在の利用目的とは大きく違っていることがうかがえます。

銀行業界

当時の銀行は企業向けの融資をメインとしており、個人向けの融資には消極的でした。このことが、消費者金融に対する需要を発生させたといっても過言ではないでしょう。80年代後半には、信販会社や外資系企業の消費者金融業への参入がありました。

急速に成長していく消費者金融業界は、他業態からも当然着目されました。信販会社は、クレジットカードによる信用供与が主な業務であるものの、金融業者という類似する消費者金融商品の開発に取り組み、徐々に参入を開始していきました。

この当時の上限金利は73.0%という今では考えられないような高金利でしたが、外資系が参入したことで47.45%に引き下げられました。しかし、これでもかなりの高金利と言わざるを得ません。

当サイトの概要

サイト管理責任者

管理人