一番人気

低金利が支持される理由

低金利とは概ね、3.0〜10.0%の年率でのキャッシングを呼称します。このような低金利で貸し付ける金融会社は、大手銀行系になりますが、最近では中小の消費者金融でも顧客獲得競争の波にさらされて、10.0%程度の金利で貸し付けているようです。

ただし、金利が低い代わりに貸し付け審査は厳しく設定されており、借入件数が3件以上の多重債務者などは借りれる可能性は低くなります。また、無職や専業主婦なども審査には通りません。かつて高金利時代には、少々貸付金が焦げ付いても、高い利益の中から損失金として充当できていたものの、法定金利が低くなってからは審査基準も厳しくせざるを得なくなったのです。

こういった金利の差は借り手にとって後々まで影響が出てきます。借りる側にとったら少しでも低い金利で借りるべきであり、少しでも早く完済できるキャッシング会社を想定しなくてはなりません。

審査基準の甘い金融会社

審査が甘くなれば、それだけ金融会社にとったら貸付リスクも高くなることから、金利も高くなってきます。しかし現在の法定金利は20.0%と法律で決められていますので、それ以上の金利を取られることはありません。もしもそれ以上の利息を請求されれば、その金融会社はヤミ金融ということになります。

また、総量規制によって年収の三分の一以上の借入をすることはできなくなっています。総量規制対象外のローンもありますのが、それは銀行ローンや住宅ローンに限定されます。ただ、現在ある債務を一本化するおまとめローンは総量規制の対象外なので、検討の価値はあると思います。審査は甘くありませんが、ダメ元で審査を受けてみてもよいでしょう。

当サイトの概要

サイト管理責任者

管理人