一番人気

日本における金融の発祥

国内の消費者金融の歴史は、様々な種類の金融業者によって担われてきました。その中でも、消費者が生活資金の融資先として特に利用してきたのは、質屋でした。現在の質屋の営業形態は約680年前の歴史を持つとされ、その発祥は鎌倉時代にまで遡ることが出来ます。

古代、貸金業の専業者が発生する以前には、富裕層である寺院などが活動の一環として金銭の賃借を実施していました。鎌倉時代頃になると貸金業の専業化が進行し、蔵と呼称される金融機関が登場してきます。蔵は後に土蔵と呼ばれるようになります。

室町時代には酒屋が貸金業の営業を開始し、その他にも日銭屋も登場してきます。更に、貨幣経済が発達した江戸時代になると金銭賃借の需要も増大し、旗本や御家人といった顧客の階層に応じた融資が特化していきます。両替商や札差などがそうです。

近代金融の時代

明治時代から昭和初期になると質屋の全盛期となり、ピーク時には国内に二万件を超える質屋が営業を行っていたとされます。その後、消費者金融による小口融資が増えてくるにつれ、質屋の役目は徐々に減っていくことになります。

最初に消費者金融の小口ローンを実施したのは銀行でした。金融解禁の不景気の時代にあった1929年、日本昼夜銀行が月給生活者を対象とした小口貸し出しを行ったのが始まりです。当時の月給生活者とは、都会の一部エリート層であり、今日の消費者金融市場に比べると限定的でした。

ただ、社会に勃興しつつある新しい生活者をターゲットにした画期的な金融商品であり、銀行にとっても月給生活者への小口ローンはリスクの低い貸付債権だったのです。

当サイトの概要

サイト管理責任者

管理人