お金を借りる

一番人気

もしもお金が借りれたら

最近の消費者金融やキャッシング会社のシステムは、審査に通過すれば限度額が設定されたカード一枚を発行するのみです。あとはこのカードでご自分で勝手に借りるなり何なりとして下さい、というわけです。窓口で審査を受けて、申し込んだ額のお金を受け取るという一昔前のシステムと比較すると、スマートな感覚になったと感じますよね。

ただ、このカード一枚で自分で好きに利用して下さい、というのがミソです。

人間の弱みに付け込んだ営業手法ではないかと感じます。手元に限度額まで借りれる打ち出の小槌のようなカードがあって、そのお金によって得られる多くの欲求があれば、その欲求を抑制するだけの強い意志がない限り、カードを使ってしまうことは必然的といっていいかもしれません。

カードローンというのはそういう人間の心理をついたシステムであることを、認識しておく必要があります。

支払いを考える

消費者金融の審査を通過し、目出度くお金が借りれたとします。その借りたお金でギャンブルや投資をすることなどは論外です。高い利子を支払ってまでお金が必要だったのですから、まず最初に必要としたところにお金を使いましょう。

そして目的を果たしたら、その瞬間から支払いのことを最優先で考えるべきです。そうこうしている間にも利子がついています。借金がどんどん膨らんでいます。毎月、金融業者が決めている最低額の支払いを続けていても借金は減りません。

支払い額に占める利子の割合が多いからです。元金を少しでも減らすためには、毎日の生活を切り詰めて、爪に灯りをともすような努力をしないことには実現できないのです。

元金が減っていけば、目に見えるように借金が減っていくでしょう。逆に最低支払額を続けていても、一向に借金は減らないはずです。ましてや支払った時点で借り入れ枠が空いたのをいいことに、その枠をキャッシングしていれば、それこそ未来永劫借金は減ることがありません。もっともそういった顧客こそが消費者金融にとっての上客ということになるわけですが。

いずれにせよ、借りたお金は一刻も早く完済して、元の生活に戻るように努力する必要があります。

当サイトの概要

サイト管理責任者

管理人